droolsのインストール

     drools2.1に必要な環境は、JDK1.4またはJDK5(1.5)です。

    JDKが入っていない場合は、Sunのサイトに行って
    たとえばJDK5であれば、

    http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.html

    からダウンロードしてくればよいでしょう。

    また、今回開発ツールとして、Eclipseを使用しました。
    必須ではないのですが、便利ですしフリーなので、以下の
    説明に使っています。

    Eclipseは有名なので、さまざまな説明サイトが
    ありますが、たとえば

    http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai3/eclipse31_01/eclipse31_01_1.html

    などを参照するとよいと思います。さらにEclipseの最新安定版をダウンロードしてくるには、
    Eclipse本家

    http://www.eclipse.org/downloads/index.php

    に行ってダウンロードしてくるとよいかと思います。日本語化には、

    http://eclipsewiki.net/eclipse/

    を参照ください。

    なお以下の説明には、JDK5、EclipseのVersion 3.1.1を使用しています。
    (日本語化はしていません)


    droolsのインストール

    ここでは、コンパイル済みの版をインストールする場合のみ
    説明します。その他の場合については、droolsのページ(英語) を参照ください。

    [droolsほかのダウンロード]

    droolsのコンパイル済みファイルをダウンロードします。
    すべてが入ったdrools-all.jarというファイル(droolsのPrecompiled Examplesのページ を参照)もありますが、今回は、drools2.1の各種jarファイルが別々に入っているzipファイルをダウンロードしてくることとします。

    まず、droolsのページ に行き、drooolsのProject Downloadsページ から、Latest Milestone Releaseの2.1-binを落とします。zipでもtar.gzでも内容は同じです。

    さらに、Javaでサンプルを動かすためには、

    antlr のjarファイル(droolsで確認しているのは、antlr-2.7.5.jar)
    janino のjarファイル(droolsで確認しているのは、janino-2.3.8.jar)
    →注:janinoについては、janinoのサイトから直接落としてきたjarファイルでdroolsを動かすと、エラーが出て動かないようなので、droolsのダウンロードページからダウンロードしてきたjanino-2.3.8.jarを使います。

    が必要です。また確認していませんが、Javaのバージョンによっては、
    xercesImplのjarファイル も必要かもしれません。
    (5ではなくても動きました。1.4では必要となるかもしれません。)

    注:DecisionTableなど、他の機能を使うときには、相応の追加ファイルが必要になります。
     これらの依存関係で必要なバージョンを知るには、droolsのダウンロードページ を参照ください。

    [droolsのインストール]

    一言で言えば、drools2.1のzip(tar.gz)ファイルに含まれているjarファイル、さらに上記で示した、antlr、janino、(xercesImpl)にクラスパスを通せばインストールは終わりです。

    © 2018 Iluminado. All Rights Reserved. Designed By Web-Komp

    Please publish modules in offcanvas position.